ワーク・ライフ・バランスとは?人事担当が考えるべきこと

最近は、働き方改革など労働環境についての議論が広くなされる時代になってきています。以前のような労働環境を顧みないような企業はブラック企業としてみなされるような時代になっており、仕事をすることと日常のプライベートの時間とのバランスを考える、いわゆるワーク・ライフ・バランスを重視する傾向が強いです。

企業の人事担当者にとって、このワーク・ライフ・バランスを考慮しながらの活動を強いられるというのは、業務を進めるうえで大変悩ましいことだとされています。人材募集をする際にも、働きやすい環境であることをアピールしつつ、その公開内容に自社の状況を合わせていかないといけません。

これまで職場の労働環境についてそれほど考えてこなかった企業も、時代の風潮によってあらゆる対策を講じないといけなくなってきたので、そのしわ寄せが総務関連の担当者にのしかかってくるので、負担が大きくなっているといえます。とはいえ、担当者レベルでがんばっても対策を講じるには限界があるので、やはり企業全体で取り組んでいかないといけない問題だといえます。管理者・経営者レベルが主導で実践していくような、大きな課題として取り上げるべきだと考えられます。

とはいえ、担当者レベルでがんばっても対策を講じるには限界があるので、やはり企業全体で取り組んでいかないといけない問題だといえます。管理者・経営者レベルが主導で実践していくような、大きな課題として取り上げるべきだと考えられます。