社宅管理代行を依頼するときの注意点とは?

社宅管理は煩雑な業務がともなうものです。多くの企業では、異動の多い春先などに、移転や入居業務が発生するものです。大抵の場合には、人事部や総務部が社宅の管理業務を兼務している場合が多いのですが、春先などには本業に支障が出てしまうほどになってしまうものです。

社宅管理代行に委託するにしても、捺印代行、代理捺印を行うことになるために、権限をどこまで委譲するかについての問題がつきまとうものです。信頼できる社宅管理代行会社に業務を委託できれば、一番いいのですが、それでも問題がまったく発生しないとは限りません。社内に不動産賃貸借契約に明るい社員がいれば一番いいのですが、なかなかそうはいかないものです。

社宅管理代行サービスに委託する場合は、どこまでの権限を委譲するかについてと、問題が起きた場合の対処を明確にしてから頼むようにしないと、後々問題が発生してしまう可能性があります。

住環境を整備しておけば、優秀な社員の忠誠心とモチベーションを維持しやすくなるのですが、それにともなう維持管理業務が煩雑になってくるものです。まずは、信頼できる社宅管理代行業者を選定し、どこまでの権利を委譲するかについて取り決めを行うようにしましょう。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL