マイナンバーを管理するべき部署は総務部です

2016年からマイナンバー制度が始まりました。これは社会保障や税金、災害時などマイナンバーを利用して公平で公正な対応をみんなが受けることができるようにすることと、行政での作業効率化を目的にしているのです。もちろん利用者もより便利になるというメリットもあるのですが、企業にとっては従業員のマイナンバーを管理しなければならなくなるためにひとつ業務が増えることになります。

このような業務を対応する部門として総務部が考えられます。一般的に法的な対応をする必要がある場合にその対応方法を考える部署でもあります。マイナンバーは従業員の個人情報でもあり、その管理として情報が漏れたりしないようにしなければなりません。また従業員にもわかるように規定を取り決めて、まずマイナンバーを収集することです。収集したマイナンバーをどのような用途で利用するのか知らせて、理解をしてもらいます。

収集する場合は各部署で集めるということは避けておいたほうがいいです。万一そこから個人情報が漏れてしまう可能性があるためです。

申請書を作成して追跡のできる送付方法で直接会社の担当部署へ届くようにして、担当者が番号と本人確認を行うようにします。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL