経理部門に携わる人物の心得とは

管理部門の中でも、経理というのは最も重要な部門の一つです。社内のお金に関すること全てを管理するというものであるので、社内の人間だけで管理する必要があり、決してアウトソーシングするわけにはいかないからです。

ここでのちょっとした不備といえども、直ちに会社の存続に直結します。この部門の不祥事がたびたびニュースに登場してしまうように、ここで働く人のモラル、コンプライアンスもとても大切になってきます。

そのため、この部門だけは頻繁に人事異動をするわけにはいかず、常に何名ものエキスパートが必要です。

どんな会社であれ、ここだけは求められるスキルが全く違ってきます。お金というとてもシビアな世界でもあるため、常に緊張感を強いられます。ミスが許されない部門のため、ピリピリとした空気感でもあります。そういった環境は良くもあり、悪くもあります。ガラパゴスにしないためにも、経営者に求められるのは、積極的にコミュニケーションを各部門ととっていけるようにすることです。理解されていないという不満が出ないようにしなければなりません。そういった環境を作っていくことが、不祥事が出ることのない、安全安心な会社となっていくのです。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL