営業部の新たな働き方・インサイドセールスとは?

インサイドセールスとは「訪問しない営業」と呼ばれているこれまでに無かったセールスの方法です。

従来型のフィールドセールスでは担当者自らが顧客の自宅やオフィスまで訪問して、購入してもらいたい商品やサービスの紹介を行いますが、それらの一部または全てを内勤で行う斬新な方法で新たな働き方としても大きな注目を集めています。

まず最初に顧客にアプローチするには電話を掛けるだけではなく、メールやメッセージアプリで連絡したり、BtoBの場合はテレビ会議システムなどを利用するケースもあります。これらの手法を採用すれば移動に掛かる時間や交通費の節約になるのに加えて、メールやメッセージならば必ずしもすぐに応対する必要も無いことからいつでも受け取ることができる体制にあるため、アポイントメントを取る作業を省くことが可能です。

そこで空いたリソースを有効活用できるのはもちろんのこと、顧客のスマートフォンにアプローチをする場合には直接内容を届けることが可能なため、商談が成立する確率が高いのもポイントです。

これを実現できるのも、誰もが手軽に快適なインターネットが利用できるスマートフォンやタブレットなど常備しているなど環境が整い始めたのが大きな要因です。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL